昭和の初期に、古来伝わる鍼灸の診断学、治療学を再構築したもので、身体の諸症状を経絡の変動(虚実、寒熱)として診断し立証した結果に基づき経絡の調整(補瀉)を図ることにより、病気治療を行うものである。

経絡治療について